キンカチョウの繁殖・巣引きのベビーラッシュで大忙し

キンカチョウさんの雛ちゃん、3月以降、3ペア目のカップルから本日雛ちゃんがまた誕生予定です。
そして、シナ・モンさん宅の赤ちゃん。

この子達の赤ちゃんが3月18日に生まれて数日で、なかなか卵からでて来れなかった雛ちゃんが亡くなり、3羽が無事に大きくなってきました。

この一番右の子が亡くなり・・・・

3羽、頑張って成長してくれて。。。

今現在はこうなってくれました↓

色素が薄かった子はなんと、ホワイト?
フォーンのお子様からホワイト・・・・

そういう遺伝子をもっていた、ということらしいです( *´艸`)
色々調べてみると、オスメス両方が持っている遺伝子で、2個重なると出て来る遺伝子を「スプリット」というとかなんとか・・・
なのでもしかしたら、シナ・モンちゃん両方に「白」の遺伝子が入っていたのかな?

でもでも健康だったらなんでもいいです。
遺伝子、色々学ぶのも楽しいですね♪

ちなみに、ロミ・ジュリちゃん同様、これまた雛が親と同じように羽が生えたころから、餌をいっさいあげなくなりました。

これはもう、キンカチョウの七不思議です。
餌をあげるようになるタイミング、あげなくなるタイミング、なぜか3回とも一緒(^-^;

ペン・ギンさん夫婦はもっともっとアレ(ちょっと言い方悪くてすみません)でして、保温しかしてくれません。
ご飯は私があげて巣に戻すをせっせと繰り返す状態です。


この状態でもまだまだ、油断はできないので、気合い入れて頑張ります。

錦華鳥 繁殖 巣引き
キンカチョウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA