また来た!虚偽申請!Youtube著作権侵害の申し立て

Youtubeでフリー音源を使用しているにも関わらず、海外の偽・団体が


「この曲はうちの曲です!勝手に使うなら、収益分配させてもらいます!」

という、勝手な言いがかりをつけて来る行為、また来ました!


【著作権侵害の申し立て 】
この動画には、著作権で保護されているコンテンツが含まれています。
収益化されていますが、収益は他の著作権者に分配されています。


実際にはもっと丁寧な言い分でこんな感じで来るんですけれど・・・
もういい加減いして欲しい。

とはいえ数年前よりもグッとこの申し立ては減ったのですが
Youtube界では有名なフリー音源サイト DOVA-SYNDROME の曲でさえ、海外の詐欺団体からの申し立てが来るほど。

今回は「かえるのピアノ」という曲にきました。

著作権侵害
詳細画面

【著作権者 MUST_CS, SOCAN】???
誰ですか?(笑)

タチが悪いのはこちらが「フリー音源ですよ?間違っていますよ?」の異議申し立てをしても、その審査が通るまでは収益が分配されてしまうという所。

以前、クラシックのパブリックドメインのピアノ曲をアップしたときは、最大1か月間、申し立ての詐欺団体が「はい、すみませんでした、間違いでした」と認めず、収益を分配させるという搾取行為をしてくださいました。

なので弾いたピアノ曲を一度、限定公開でアップし、すぐに「著作権侵害」のオレンジの●マークがついた時点で「異議申し立て」し、1か月待ってから公開したこともありました。

そもそもうちのチャンネルはピアノより動物さん中心なのでいいのですが、ピアノのチャンネルなどの音楽関係を運営しているユーチューバーさんは、死活問題ですよね💦
海外の作曲家さんであり有名なユーチューバーさんも半分以上の動画に著作権侵害の申し立てが来てるという記事も見たことがあります。

だいぶ良くなったものの、Youtubeさんもきちんと存在している団体なのか、申し立てを撤回する団体の審査等、やってくださると助かります泣。
と言う事で調べたらこんなサイトを見つけました。

J-CASTニュース「YouTube著作権『虚偽申請』」記事についてのお詫び: J-CAST ニュース【全文表示】

驚いたことに、実在し正規の団体様であると….
しかし、詐欺ではないにしても明らかに今回のようなおかしな申し立てをいちいちこちらが異議申し立てするのも時間の搾取にもなるので何とかしていただきたい。


異議申し立ての道筋

①「操作を選択」⇒異議申し立て

②一番下をクリック

③一番下のボックスにチェックを入れる


④今回は「ライセンス」という所にチェック


⑤一番下のボックスにチェックを入れて次に進む


⑥説明文には、フリー音源サイトの「かえるのピアノ」の曲のページのURLを貼り、フリーサイトからも持ち出してあることを入れました。
またボックスにはチェックをすべて入れ、氏名を打ち込んで次へ・・・



⑦審査が通り、矢印の部分が消えるのを待ちます。

以前は「ほんわかぷっぷ」という音源と歌の音源にきましたが、申請してすぐに審査が通りこの表記が消えたのですが今回は2日経ってもそのままです。

何日で消えるか待ちます・・・

◆追記◆上記記事は5月27日、本日6月26日

最大限に伸ばすだけ伸ばして、異議申し立てが通ったのが昨日あたり、しかも今回通知はなし!
なぜ?ふざけすぎている!
その間は収益は分配されている。
いい加減にして欲しい。
音楽チャンネルは本当に死活問題!
うちはちがうからまだいいものの、作曲の活動されてる方はどれだけ気分が悪いだろう?
収益の搾取もいったい何年経ったらなくなるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA